パッケージデザイン

packaging design

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/packaging-design.jpg

包装や容器のデザインをパッケージデザインと言い、食品や日用品、飲料など幅広い分野で内容物を保護し、価値を高めるうえで用いられているデザインです。パッケージとして用いられる素材には、箱や袋、包装紙、缶やプラスチック、ステッカーなど幅広く、それらの素材を用いて内容物を守り品質を維持するだけでなく、内容物をより魅力的に見せることが求められています。
パッケージデザインが商品のブランドとして認知されている場合も多く、「パケ買い」という言葉が普及していることからも分かるように、消費者はパッケージデザインを見て、商品の価値やオリジナル性を見極め、購入意欲を駆り立てられるので、パッケージデザインが商品の売上に大きく影響しています。そのため、パッケージデザイナーは、商品の特性や目的を考慮に入れデザインや素材を決めるだけでなく、消費者の動向や販売方法、店頭での陳列方法、さらに環境問題なども調査し、研究したうえでデザインをすることが求められています。
パッケージデザインに携わる職種として多いのは、平面デザインをメインとしたグラフィックソフトウェアに特化したグラフィックデザイナーですが、容器などの立体的な物のデザインに関しては、プロダクトデザイナーが関わることもあります。また、商業界においては、美術表現や芸術表現を用いて顧客の要望に応えるうえで、アートディレクターがパッケージデザインを総括していることも一般的です。パッケージデザインを行うための特別な資格ないものの、需要の高いこのデザインの分野において、グラフィックデザイナーやプロダクトデザイナーがパッケージデザインを専門としたパッケージデザイナーとして活躍しています。

関連アーティスト
佐藤卓,佐藤可士和,服部一成