VOCA展

The Vision Of Contemporary Art

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/86cfe53b11bdafd611d32236491144b0.jpg

VOCA(ヴォーカ)展は「平面」の作品を対象にした展覧会で、正式名称は「VOCA 現代美術の展望・新しい平面の作家たち」、東京の上野の森美術館で1994年から毎年開催されています。
第1回から第一生命ホールディングスが全面的に協賛しており、VOCA賞とVOCA奨励賞の受賞作品は第一生命に買い上げられて本社の1階ロビーで公開されるほか、入賞者には個展を開催する機会が与えられます。

VOCA展に出品する作品は、40才以下の若手作家を対象に、全国の美術館学芸員やジャーナリスト、評論家らが推薦形式で選出、日本全国から才能ある若手アーティストを発掘するための展覧会と言えます。
選考委員の顔ぶれは毎年変わりますが、作品の判定基準は「モダニズム」が基本。ジャンルは問わず、現代性や抽象性が評価される傾向にあります。

過去のVOCA賞受賞者は、福田美蘭(1994)、やなぎみわ(1999)、山本太郎(2007)など。入賞者の中には蜷川実花(2006)、山口晃(2007)、淺井裕介(2009)、清川あさみ(2010)といった、著名なアーティストが顔をそろえています。

関連アーティスト
やなぎみわ,蜷川実花,山口晃,淺井裕介,清川あさみ,福田美蘭,奈良美智,会田誠,田中功起,金氏徹平,名和晃平