高松市美術館コレクション+(プラス) ギホウのヒミツ—O JUN、鬼頭健吾、田淵太郎とともに

 
会期 2019年04月20日〜2019年05月26日
会場

会期終了

展示内容・解説
今回は「技法」に注目し、作品制作の際に用いられる多彩な技法を紹介し、日本の現代アートの魅力に迫ります。…
[絵画]の章では、人物や風景などを余白を大きくとりながら描き、静けさの中にユーモアや不穏さなどが奇妙に同居するO JUN(おうじゅん/1956年東京都生)を紹介。過去から近年までの作品により独自の世界を概観する他、石田尚志による映像作品《REFLECTION》(高松市美術館蔵)が上映される空間で縦3.9、横2.3mの大作が公開制作されます(公開制作は4月27~30日)。[立体]の章では、フラフープや手鏡など日常的な物質を用いて色彩や光が乱舞するめくるめく空間を作り上げる鬼頭健吾(きとうけんご/1977年愛知県生)を紹介。鬼頭がリスペクトしてやまない「具体」の作家・田中敦子の代表作《電気服》(高松市美術館蔵)と鬼頭の作品が組み合わせられ展示されます。[陶芸]の章では、シンプルな形状の器物から、割れを大胆に生じさせたオブジェまで、白磁の可能性を追求し続ける田淵太郎(たぶちたろう/1977年香川県生)を紹介。田淵がセレクトした戦後日本の前衛陶芸と田淵の作品が組み合わせられ展示されます。[美術館サイトより]
公式HP http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/event/exhibitions/exhibitions_2019/exhibitions_2019/ex_20190420.html
入場料 一般=800(640)円
大学生=500(400)円
*( )内は、前売および20名以上の団体料金
*高校生以下無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
開館時間 9:30~19:00(日曜は17時まで開館、入室は閉館30分前まで、4/20のみ展示室入室は10:15から)
休館日 月曜日(ただし4/29、5/6は開館)、5/7
電話番号 0878231711
住所 高松市美術館香川県高松市紺屋町10-4