東日本大震災10年 あかし testaments

会期中

Information

 
会期2021年10月9日〜2022年1月23日
会場 青森県立美術館
入場料 一般 1,500円(1,300円)
高大生 1,000円 (800円)
中学生以下無料
( )内は20名以上の団体料金
開館時間 9:30〜17:00 (入館は16:30まで)
※11月26日(金)、27日(土)、12月18日(土)は20:00まで開館(入館は19:30まで)
休館日 10月11日(月)、25日(月)、11月8日(月)、12月13日(月)、27日(月)~31日(金)、2022年1月1日(土)、11日(火)
電話番号 017-783-3000
住所 〒038-0021 青森市大字安田字近野185
アクセス JR新青森駅から
車で約10分
ルートバスねぶたん号 新青森駅東口バス停から乗車
「県立美術館前」下車 (所要時間約10分)
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/20211009/

展示内容・解説

甚大な被害を及ぼした東日本大震災から今年で10年。青森県立美術館では、4人のアーティストによるグループ展「東日本大震災10年 あかし testaments」を開催いたします。時間と共にうすれゆく震災の記憶を、いかに次世代へとつなぎ、教訓を伝えていくか、時代の趨勢から取りこぼされてゆくものに目を向けてきたアーティストたちの作品をとおして考えます。
日本を代表する写真家・北島敬三、韓国・済州島出身で現代美術の最前線で活躍するコ・スンウク、沖縄出身で、今最も注目されている中堅アーティストの一人・山城知佳子、そして八戸市出身で演劇・美術・批評など多方面で才能を発揮した豊島重之[としま・しげゆき](故人)。4人のアーティストの写真や映像が展示室にともす「灯=あかし=証」を通じて、時間がもたらす風化や忘却の暗闇の中に、災厄をのりこえ、共に生きるための世界を照らし出します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 北島 敬三
  • コ・スンウク
  • 豊島 重之
  • 山城 知佳子

近隣イベント

TOP