麗しのエナメル彩ガラス -ガレ・ドーム・ラリック-

会期中

Information

 
会期2021年3月13日〜2022年3月15日
会場 北澤美術館
入場料 大人1,000円
中学生500円
小学生以下無料
※団体(8名様以上)料金は、上記料金より100円引
開館時間 9時~18時(4月~9月)
9時~17時(10月~3月)
※閉館時間の30分前までにご入館ください。
休館日 年中無休、10月1日(金)は一部展示替えのため休館
電話番号 0266-58-6000
住所 長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
アクセス ・中央自動車道
諏訪I.Cから約10分
東京方面から:中央自動車道 諏訪I.Cまで 2時間15分
名古屋方面から:中央自動車道 諏訪I.Cまで 2時間30分
大阪方面から:名神高速+中央自動車道 諏訪I.Cまで 4時間30分

・JR中央線上諏訪駅から
徒歩で15分、タクシーで5分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://kitazawa-museum.or.jp/exhibition/article.php?post_id=3778

展示内容・解説

19世紀末の芸術潮流「アール・ヌーヴォー」の旗手として活躍したエミール・ガレ(1846-1904)。
ガレが登場した当時、ガラス界ではクリスタル・ガラスの透明な輝きが人気を博していました。その流れを一転させたのが、草花や昆虫など自然のモチーフを取り入れたガレの色ガラス表現でした。
自然の彩りを再現する手段として、ガレが最初に挑んだ技法が、ガラス質の絵の具を低温で焼き付ける「エナメル彩」です。
絵画のように筆で描くエナメル彩絵付けは、繊細な描写が可能で、金彩を加えることで金銀器にも勝る豪華さが醸し出され、評判となりました。

ガレ、ドーム、ラリックのガラス工芸で世界的にも知られる北澤美術館では、この度エナメル彩ガラスを中心にアール・ヌーヴォーの逸品をご紹介する特別展を開催します。
ガレ初期の名作「月光色ガラス」の詩情、ドーム兄弟の細密描写、アール・デコの大胆さを際立たせるラリックの力作など、エレガントで洗練されたエナメル彩ガラスの魅力をお楽しみください。
(公式HPより)

アーティスト

  • エミール・ガレ
  • ドーム兄弟
  • ルネ・ラリック

近隣イベント

TOP