富山ガラス造形研究所創立30周年記念展 未来へのかたち

会期中

Information

 
会期2021年10月23日〜2022年1月23日
会場 富山市ガラス美術館
入場料 一般1,000円(800円)
大学生800円(600円)
※( )内は20名以上の団体 ※小中高生未就学児無料
※5階ギャラリー1は入場無料 ※本展観覧券で常設展もご覧いただけます。
前売りチケット取り扱い(一般800円のみ):
アスネットカウンター Tel. 076-445-5511/ TOYAMAキラリ1F総合案内
開館時間 午前9時30分から午後6時まで(金・土曜日は午後8時まで、入場は閉場の30分前まで)
※初日のみ開会式(午前10時~)終了後開場
休館日 第1、第3水曜日(ただし11/3(水・祝)は開場、11/10(水)は閉場)、 年末年始(12/29(水)-1/1(土))
電話番号 076-461-3100
住所 〒930−0062 富山市西町5番1号
アクセス 〇電車
富山駅から市内電車環状線にて約12分「グランドプラザ前」下車 徒歩約2分
富山駅から市内電車南富山駅前行きにて約12分「西町」下車 徒歩約1分

〇バス
・富山地鉄バス「西町」下車すぐ、「総曲輪」下車 徒歩約4分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/exhibition-4482/

展示内容・解説

本年、富山ガラス造形研究所は、創立30周年を迎えます。
1991年、富山市の35年来にわたる市政「ガラスの街とやま」事業の大きな一歩として、ガラス作家育成機関である同研究所が創設されました。今でもガラスによる創作は「ガラス工芸」という名のもとに集約されることが多いですが、同研究所は「造形」にこだわり、「ガラス造形研究所」と銘打ってスタートを切りました。ガラスという素材の表現力を最大限に引き出す芸術の創造を目指したのです。
これを実現すべく、出発時から、世界のグラスアート界を先導するチェコやアメリカからも常に指導教授を招聘し、質の高い指導を行ってまいりました。この30年間、卒業生は555名を数え、国内外で活躍する多くの作家を輩出しています。
この度、富山市ガラス美術館では、同研究所創立30周年を記念し、歴代教授陣や卒業生による作品が一堂に会する展覧会を開催いたします。出品作品は最新作や代表作ばかり。過去30年の軌跡に留まることなく、未来につながる国際的なガラスと表現の「今」をご覧いただければ幸いです。ご期待ください。
(公式HPより)

アーティスト

  • 浅野 恵理子
  • 榎本 夏帆

近隣イベント

TOP