華*花 -四季の花と中国陶磁史-

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年10月9日〜2021年12月12日
会場 愛知県陶磁美術館
入場料 一般900円(720円)
高校・大学生700円(560円)
中学生以下無料 
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で常設展示も併せてご観覧いただけます。
※各種割引制度あり。詳しくは下記をご確認ください
開館時間 午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休館日 毎週月曜日
電話番号 0561-84-7474
住所 〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
アクセス 地下鉄東山線終点「藤が丘」駅下車、リニモ「藤が丘」から「八草」行き「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m
愛知環状鉄道「八草」駅下車、リニモ「八草」から「藤が丘」行き「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2021/t_hanahana/index.html

展示内容・解説

花文様の本当の美しさを知っていますか?

悠久の歴史を有する中国のやきものには、花の美しさを多彩に表現した作品があります。「中華の美しい花」という意味を込めた本展では、四季を彩る「牡丹」「蓮」「菊」「梅」に焦点を当てます。南北朝時代(5世紀)から清時代(18世紀)にみられる「三彩」「青磁」「青花」「五彩」など多種多様な作品から、花の色彩と技法についての陶磁史を概観します。

なぜ花文様が出現し、流行したのか?花の美しさをどのように表現していたのか?当時の人々は花文様から何を感じ取っていたのか?中国陶磁にみられる花の象徴する意味を、中国古典や漢詩の世界観や花の鑑賞史から捉えることで、魅力的な花物語を紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP