モダン建築の京都

会期中

Information

 
会期2021年9月25日〜2021年12月26日
会場 京都市京セラ美術館
入場料 一般1,900円(1,700円)
大学専門学生1,400円(1,200円)
高校生900円(700円)
小中学生400円(200円)
未就学児無料
*全て税込

*( )内は前売・20名以上の団体料金(当館公式オンラインチケットe-tixのみで販売)
*京都市内に在住(通学)の小・中学生は無料
*障害者手帳等のご提示により本人及び介護者1名無料
*相互連携割引:一部の連携企画は利用証明(レシートまたは半券)のご提示で本展チケットを団体料金でご購入いただけます
*本展有料観覧券(当日分に限る)をお持ちの方は、「コレクションルーム秋期」の観覧料が100円引きになります。
開館時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日 月曜日 *祝日の場合は開館/年末年始(12月28日〜1月2日)
電話番号 075-771-4334
住所 〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124
アクセス 地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
京阪「三条駅」・地下鉄東西線「三条京阪駅」より徒歩約16分
※滋賀方面からお越しの方は、京阪・JR・地下鉄東西線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」へのお越しが便利です。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20210925-1226

展示内容・解説

明治時代、東京への遷都を機に衰退した京都は、その後の復興を経て、教育や先端技術、文化や観光などにおける先駆的な都市として発展し、それらを象徴するように数々の名建築が生まれました。そして幸運にも、明治以降に建てられた洋風建築や近代和風建築、モダニズム建築など、いわゆる「モダン建築」は数多くが現存し、京都は日本近代化の縮図としても興味深い都市です。明治以前の古建築はもちろん、近現代建築の宝庫でもある京都は、歴史的価値ある建築の保存活用の先進都市であり、「生きた建築博物館」と言っても過言ではありません。

本展は、京都を代表するモダン建築の一つ、京都市京セラ美術館を会場に、建築を通して京都を知る当館初の大規模建築展です。貴重な原図面や模型から時代背景を伝える写真や映像、家具まで多様な資料が展示されます。展示鑑賞と同時に建物探訪や街歩きなども体験し、古建築と庭園だけではない京都のもうひとつの魅力に触れる絶好の機会となるでしょう。
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP