『坂の上の雲』のひとびと

会期中

Information

 
会期2020年2月22日〜2022年2月13日
会場 坂の上の雲ミュージアム
入場料 ■個人
一般 400円
高齢者 200円
高校生 200円

■団体割引(20名以上)
一般 320円
高齢者 160円
高校生 100円

・中学生以下無料(それを証明するものを提示してください)
・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の所持者及びその介護人も無料(それを証明する書類またはアプリ等を提示してください)
・高齢者とは、すべての65歳以上の方(それを証明するものを提示してください)
開館時間 午前9時から午後6時30分まで
(入館午後6時まで)
休館日 毎週月曜日(休日の場合は開館)
電話番号 089-915-2600
住所 〒790-0001 愛媛県松山市一番町三丁目20番地
アクセス ○JR松山駅から
市内電車 道後温泉行き「大街道下車」徒歩2分(所要約10分)
○道後温泉から
市内電車 全線「大街道下車」徒歩2分(所要約10分)
○松山空港から
リムジンバス 道後温泉駅前行き「一番町下車」徒歩2分(所要約30分)
○松山観光港から
リムジンバス 道後温泉駅前行き 「一番町下車」徒歩2分(所要約30分)
○松山自動車道松山インターから(所要約20分)

■駐車場について
本ミュージアムでは一般来館者用の駐車場を設けておりませんので、公共交通機関等をご利用いただくか、周辺の有料駐車場をご利用ください。なお、車椅子使用者の駐車スペース(5台)はございますので、ご利用の際には坂の上の雲ミュージアムまでご連絡ください。

事前予約不可のため、ご来館順に対応させていただきます。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.sakanouenokumomuseum.jp/display/event014/

展示内容・解説

明治維新によって近代国家として歩み始めた日本。この小さな国の新しい国民は、時代の高揚感の中で自らの信じる道を切り拓いていきました。

小説『坂の上の雲』には三人の主人公をはじめ、時代を懸命に生きた多くのひとびとが登場します。

政府批判も辞さない鋭い論説を展開しながら、限りないやさしさで子規を支え続けた陸羯南(くが かつなん)。日露戦争という巨大な試練に対し、知恵を絞り、決断力をもって乗り越えた東郷平八郎(とうごう へいはちろう)や児玉源太郎(こだま げんたろう)。国家を背負って諸外国と粘り強く交渉し、日露戦争の講和を成し遂げた小村寿太郎(こむら じゅたろう)や金子堅太郎(かねこ けんたろう)。かれらは、言論、軍事、外交のトップランナーとして、新しい時代の担い手となりました。

今回の企画展では、『坂の上の雲』に描かれたひとびとが、それぞれの置かれた状況でどのようにふるまったかを紹介し、令和という新しい時代を歩み始めた現代人へのメッセージとするものです。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP