大林コレクション展「安藤忠雄 描く」

会期中

Information

 
会期2021年9月25日〜2022年2月13日
会場 WHAT MUSEUM1階 Space2
入場料 一般:1,200円、大学生/専門学校生:700円、高校生以下:500円、小学生以下:無料
開館時間 火曜日から日曜日 11時~18 時(最終入館17 時)
休館日 月曜日休館(祝日の場合、翌火曜日休館)
電話番号 03-5769-2133
住所 〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺⽥倉庫G号
アクセス 東京モノレール 天王洲アイル駅 徒歩5分
東京臨海高速鉄道りんかい線 天王洲アイル駅B出口 徒歩4分
JR品川駅 港南口 徒歩15分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://archi-depot.com/exhibition/tadaoando_egaku

展示内容・解説

このたびの⼤林コレクション展は、国際芸術祭「あいち2022」(愛知県)の組織委員会会⻑を務める⼤林剛郎⽒が、⻑い年⽉をかけて築いた圧巻のコレクションに焦点を当て、3 つの展示を同時開催いたします。
同コレクションの出発点でもある、建築家・安藤忠雄⽒の平⾯作品に着⽬した「安藤忠雄 描く」、アーティストがさまざまな視点で都市を捉えた写真が並ぶ「都市と私のあいだ」、40点以上の貴重な現代アート作品を総覧できる「Self-History」、これらの展⽰を通して、同コレクションの変遷に迫るとともに、収集作品群への多⾓的なアプロ―チを試みます。

⼤林コレクション展「安藤忠雄 描く」では、⻑さ10mにおよぶドローイングを中⼼に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平⾯作品15点を展⽰します。
安藤忠雄⽒のプロジェクトは、未来を「想い描くこと」、それを「図として描くこと」から始まります。
和紙に描かれた細いペンと⾊鉛筆の繊細で柔らかな筆致からは、同⽒が真摯に都市と建築に向き合う姿が垣間⾒え、ダイナミックなドローイングの筆跡からは、⼒強く未来に向かって挑む姿が連想されます。
(公式HPより)

アーティスト

  • 安藤 忠雄
  • グザヴィエ・ヴェイヤン

近隣イベント

TOP