わらう! 太宰治

会期中

Information

 
会期2021年10月9日〜2021年12月19日
会場 群馬県立土屋文明記念文学館
入場料 一般500(400)円
大高生250(200)円
( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
※10月28日(木)群馬県民の日は無料
開館時間 9:30~17:00(観覧受付は16:30まで)
休館日 火曜休館 11月23日(火・祝)は開館、翌24日(水)は休館
電話番号 027-373-7721
住所 〒370-3533 群馬県高崎市保渡田町2000
アクセス 自家用車
関越自動車道前橋ICから約15分

高崎駅からバス
群馬バス「しんとう温泉・榛東村役場」行
→「保渡田」下車(約20分)
→ 徒歩3分(便数:開館時間帯は平日2本、土日祝日なし)
高崎駅からタクシー 西口から約20分

前橋駅からバス
関越交通バス「土屋文明文学館」行
→ 終点「土屋文明文学館」下車(便数:平日、土日祝日とも2時間に1本程度)

前橋駅からタクシー
北口から約25分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://bungaku.pref.gunma.jp/project/474/

展示内容・解説

『走れメロス』『斜陽』『人間失格』など、数多のすぐれた作品を残し、38歳で忽然とこの世を去った太宰治。彼の作品や生涯をたどる時、そのイメージは主に「苦悩」「心中」「悲劇」といったことばとともに固められてきました。
しかし一方で、太宰作品の多くに「わらい」を誘う要素があるということも、途切れることなく指摘され続けてきた点であります。本展では、太宰作品の「わらい」に注目し、ユーモアや機知に富む秀作群に再度光を当てることで、太宰治=苦悩を書く作家、というイメージにおさまらない、太宰文学の懐の深さを紹介します。谷川温泉や四万温泉など、群馬県と太宰の繋がりも併せて展示します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 太宰 治

近隣イベント

TOP