十三代今右衛門展

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年10月8日〜2021年12月19日
会場 今右衛門美術館
入場料 一般500円(400円)、高・中・小生無料
※( )内は15名以上の団体
開館時間 10:30~16:30
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休館)
電話番号 0955-42-5550
住所 〒844-0006 佐賀県西松浦郡有田町赤絵町2丁目1-11
アクセス ●JR有田駅より車で5分
●西九州自動車道 波佐見有田I.Cより10分、佐世保三川内I.Cより15分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.imaemon.co.jp/museum/kikakuten/36/kikaku36.html

展示内容・解説

吹墨、薄墨、吹重ねの技法を駆使し、現代の色鍋島の世界を創出した十三代 今泉今右衛門。
今年は逝去して20年の節目にあたることから、その作陶の軌跡を振り返る展覧会を三年シリーズで開催します。
1926(大正15)年、十三代今右衛門は色鍋島400年の伝統を継承する今泉家に生を受け、東京美術学校(現 東京藝術大学)で学んだ後、父の十二代今右衛門のもとで本格的な作陶を始めました。若き日の今右衛門は格調と品格を重んじる色鍋島の世界に身を置きながら、一方で本名の「善詔」銘で、新たな自己表現を模索した挑戦的な作品を発表しました。
シリーズ一回目となる本展覧会では、善詔時代の大胆で革新的な表現の追求、古陶磁器の研究で培われた初期鍋島への憧れ、やがて鍋島の伝統の中に現代性を打ち出してゆくまでの草創期の作品を展示いたします。
さらにシリーズ二期目の来年度には、色鍋島に吹墨、吹重ねに代表される技法を持ち込み、新境地を確立して重要無形文化財に認定された円熟期、その翌年度の三期目には人柄を偲ばせるエピソード等とともに作品を紹介し、今右衛門に思いを馳せる展覧会を締めくくります。
十三代今右衛門の半世紀にも及ぶ作陶人生と作品をシリーズ展を通してどうぞ ごゆっくりお楽しみください。
(公式HPより)

アーティスト

  • 今泉 今右衛門

近隣イベント

TOP