太宰治 創作の舞台裏展

会期中

Information

 
会期2021年10月30日〜2021年12月20日
会場 高志の国文学館
入場料 一般 400円(320円)
大学生 200円(160円)
※( )内は20人以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。
※小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料。
開館時間 9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
休館日 毎週火曜日、11月4日(木)、11月24日(水)
電話番号 076-431-5492
住所 〒930-0095 富山市舟橋南町2-22
アクセス ■JR・あいの風とやま鉄道富山駅南口から
・市内電車「富山駅」乗り場から大学前行または環状線「県庁前」下車、徒歩5分
・徒歩15分
・市内電車「県庁前」下車、徒歩5分
・コミュニティバスまいどはや(西ルート)「富山中部高校前」下車、徒歩2分
・ぐるっとBUS(北西回りルート)
※令和3年6月28日(月)から当面の間、運休する旨、富山地方鉄道(株)より案内されております。

■富山空港から
・タクシー約20分

■北陸自動車道富山ICから
・自動車約20分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.koshibun.jp/tid=100434

展示内容・解説

太宰治の作品は、独特のささやくような語りの文体で若い読者を捉えています。『走れメロス』『斜陽』『お伽草紙』『富嶽百景』『トカトントン』が教科書に採用されるなど、太宰治は若い世代に広く知られる、最も人気のある作家のひとりです。
本展では、近年発見されたノート、原稿、草稿、写真など「貴重資料」に焦点を絞り、「語りの文体」と称される太宰文学の魅力がどのように生み出されたのか、その「創作の舞台裏」に迫ります。また、『女生徒』『黄金風景』『満願』などの中期の明るく、家庭的な愛情あふれる作品にもスポットをあて、あらたな太宰作品との出会いをお楽しみいただきます。
(公式HPより)

アーティスト

  • 太宰 治

近隣イベント

TOP