會津八一と茶の湯の世界

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年10月2日〜2021年12月12日
会場 新潟市會津八一記念館
入場料 一般 600円
大学生 300円
高校生 200円
小・中学生 100円
※団体20名以上2割引、土日祝日は小・中学生 無料
開館時間 午前10時~午後6時(午後5時30分まで受付)
休館日 月曜日(※ただし祝日の場合は翌日)
電話番号 025-282-7612
住所 〒950-0088 新潟市中央区万代3-1-1
アクセス ・新潟駅からバス 約9分
・タクシー 約5分
・徒歩 約15分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://aizuyaichi.or.jp/exhibition/2999/

展示内容・解説

茶道の世界では、主人と賓客がお互いの心を和らげて慎み敬い、茶室の備品や茶会の雰囲気を清浄にする「和敬清寂」という精神性を大切にしてきました。

この「和敬清寂」の語句をたびたび揮毫した會津八一は、独酌あるいは風雅な客との対酌の後、かならず抹茶を喫する習慣がありました。早稲田大学時代の門下生によると、酒を飲んだ後に、養女のきい子が点てたお茶をおいしそうに味っていたといいます。しかも、その様子は大らかで、堂奥に入ったものだったそうです。

八一はお茶を点てて来客をふるまうことはしませんでしたが、茶の湯との関わりが少なからずありました。晩年は、新潟市にある北方文化博物館分館に住み、分館の茶室開きのお祝いに「坐忘」の書を贈呈し、またその茶室を「坐忘」と命名しました。さらには茶碗の鑑定を行ったり、川喜田半泥子や齋藤三郎ら陶芸家との交わりもありました。

1951(昭和26)年には、裏千家淡交会初代新潟県支部長に就任しました。これは、新潟を代表する文化人として八一に白羽の矢が立ったものと思われます。

本年は、裏千家淡交会新潟支部創立70周年と、八一生誕140年にあたります。この節目に、「八一と茶の湯」をテーマに開催します。展覧会では、京都の裏千家センター内にある茶道資料館をはじめ、北方文化博物館などの所蔵品を中心とした作品資料で、多岐にわたる八一と茶の湯との接点を紹介します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 會津 八一

近隣イベント

TOP