第3期コレクション展「生命を描く」

会期中

Information

 
会期2021年9月23日〜2021年12月26日
会場 大分市美術館
入場料 一般 310円(260円)
高大生 210円(150円)
中学生以下は市内市外を問わず無料

※()は20名以上の団体料金
※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)をすべてご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 11月8日(月曜日)、11月15日(月曜日)、11月22日(月曜日)、11月29日(月曜日)、12月13日(月曜日)、12月20日(月曜日)
電話番号 097-554-5800
住所 〒870-0835 大分市大字上野865番地
アクセス ■車を使う(無料駐車場130台)
○大分インターチェンジから
「椎迫入口」交差点を直進。そのまま、県道21号(庄の原佐野線)を東進し、「美術館入口」交差点を右折。
案内看板に従い、丘を登ると美術館です。
○別府方面(国道10号)から
「大道入口」(旧大道陸橋北)交差点を右折し、そのまま南進。
「椎迫入口」交差点を左折。そのまま、県道21号(庄の原佐野線)を東進し、「美術館入口」交差点を右折。
案内看板に従い、丘を登ると美術館です。
○大南方面(国道10号経由大道バイパス)から
府内大橋を渡り、大道バイパス(国道210号)を直進。大道トンネルを通過し、「椎迫入口」交差点を右折。
県道21号(庄の原佐野線)を東進し、「美術館入口」交差点を右折。
案内看板に従い、丘を登ると美術館です。
○鶴崎方面(国道197号)から
大分県庁前の「県庁北」交差点を左折。そのまま直進し、「顕徳町1」交差点を直進し、JR線の高架をくぐり、「上野町西」交差点を右折。
県道21号(庄の原佐野線)を西進し、「美術館入口」交差点を左折。
案内看板に従い、丘を登ると美術館です。
○明野方面から
国道10号、「顕徳町1」交差点を左折。JR線の高架をくぐり、「上野町西」交差点を右折。
県道21号(庄の原佐野線)を西進し、「美術館入口」交差点を左折。
案内看板に従い、丘を登ると美術館です。
○古国府・元町方面(国道10号)から
国道10号、「東元町」交差点(T字路)を左折。
県道21号(庄の原佐野線)を西進、「美術館入口」交差点を左折。
案内看板に従い、丘を登ると美術館です。

■バスを使う
○便名 大分きゃんばす(中心市街地循環バス)大分市美術館方面行き
※美術館観覧料割引特典が付いたお得な1日乗車券もあります
乗車 JR大分駅 上野の森口(南口)バスのりば 下車 大分市美術館 所要時間 約9分
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.city.oita.oita.jp/o210/bunkasports/bunka/bijutsukan/collection/documents/jousetsu1-21-3.html

展示内容・解説

西洋のキリスト教を基盤とした絵画では、人間や自然のあらゆるものは神の創造物として長く表現されてきましたが、東洋・日本では、花・鳥さらには草や虫などは自然に生きる存在そのものとして捉えられ、時に美しく、かわいらしいその姿に着目した花鳥画は掛け軸や屏風、襖絵、額絵として、室内にいながら自然を身近に感じられる存在として人気のジャンルとなりました。

また、はじめ歴史上の著名な人物や伝説上の人物を描いた人物画は次第に、一般の人々や身近な人物なども加わり、幅広く描かれるようになりました。

こうした花鳥画、人物画の伝統は近代になって西洋美術等の影響を受けて風景画や静物画などが加わり、現代ではさらに変容して多様な表現が生まれる中、生命は脈々と描き続けられています。
ここでは、近・現代の花鳥画、人物画を中心にご紹介します。画家による生命の輝きを表現した作品の数々をご覧ください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP