手わざ -琉球王国の文化-

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年10月19日〜2021年12月12日
会場 九州国立博物館
入場料 一般 700円
大学生 350円※学生証の提示をお願いします。
高校生以下、18歳未満および満70歳以上の方 無料

障害者手帳等(※)をご持参の方およびその介護者1名は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、小児慢性疾病医療受給者証
開館時間 9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日
電話番号 092-918-2807
住所 〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
アクセス ■西鉄を利用する
○「西鉄福岡(天神)」駅から約35分
「西鉄福岡(天神)」駅から西鉄天神大牟田線(特急約16分/急行約18分)で「西鉄二日市」駅乗り換え、西鉄太宰府線(約5分)で西鉄「太宰府」駅下車、徒歩で約10分(*特急/急行料金不要)

○大牟田方面からは、西鉄天神大牟田線(天神方面行き)で「西鉄二日市」駅乗り換え、西鉄太宰府線(約5分)で西鉄「太宰府」駅下車、徒歩で約10分(*特急/急行料金不要)

■JRを利用する
○博多方面から
JR「博多」駅から約35〜50分
JR「博多」駅からJR鹿児島本線(快速約15分)でJR「二日市」駅下車。「JR二日市駅からのアクセス方法」を参照。

○熊本、佐賀、大分方面から
JR「二日市」駅下車。

・JR二日市駅からのアクセス方法
徒歩(約12分)または西鉄バス(約6分)で「西鉄二日市」駅へ、「西鉄二日市」駅から西鉄太宰府線利用。西鉄「太宰府」駅下車、徒歩で約10分
タクシーで九州国立博物館まで約15分
西鉄バスで九州国立博物館まで約30分(*1時間に1本運行)

■九州自動車道を利用する
太宰府IC または 筑紫野IC から高雄交差点経由で約20分

■福岡空港を利用する
○地下鉄空港線で地下鉄「博多」駅下車後、JR「博多」駅へ行き、鹿児島本線に乗り換え(「JRを利用する」を参照)
○地下鉄空港線で地下鉄「天神」駅下車後、西鉄「福岡(天神)」駅へ行き、西鉄天神大牟田線に乗り換え(「西鉄を利用する」を参照)
○タクシーで九州国立博物館まで約30分
○福岡空港国内線ターミナルから無料シャトルバスにて国際線ターミナルへ移動し、太宰府ライナーバス「旅人」にて西鉄「太宰府」駅まで約30分 下車後、徒歩で約10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre174.html

展示内容・解説

沖縄県は、かつて琉球王国として独自の文化を繁栄させていました。亜熱帯気候を活かし、煌びやかな漆器や、色鮮やかな染織品が王府の管理下で製作されました。また国内は、海洋交易によりもたらされた諸国の宝物で満ちていたと伝えられます。しかし、近代化の波や第二次世界大戦中の激しい地上戦により、当時の有形無形の文化遺産の多くが失われてしまいました。同時に、代々大切に受け継がれてきた琉球の心や技術などの手わざも途絶えることになりました。

琉球王国の美しい文化財を現代によみがえらせるため、職人と研究者が協力して8分野(絵画、木彫、石彫、漆芸、染織、陶芸、金工、三線)にわたる失われた手わざの解明に挑みました。模造復元の過程は非常に困難でしたが、職人と研究者が協力して乗り越えた結果、様々な発見が得られました。

本展では、それら模造復元品を中心に展示し、その製作工程をご紹介します。現代によみがえった文化財をご覧いただくとともに、琉球王国の美を感じていただければ幸いです。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP