向井潤吉の歩みと作品

会期中

Information

 
会期2021年10月16日〜2022年3月13日
会場 向井潤吉アトリエ館
入場料 一 般 200円(160円)
大高生 150円(120円)
65歳以上/中小生 100円(80円)

※障害者の方は100円(80円)。 ただし障害者で、小・中・高・大学生、および障害者の介護者(当該障害者一名につき、一名に限る)は無料。証明書をご提示のうえ、お申し出下さい。
※( )内は20名以上の団体料金。
※小・中学生は、土・日・祝・休日、夏休み期間は無料。
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし祝・休日の場合は開館し、翌日休館) 年末・年始(12月29日から1月3日まで) 展示替え期間
電話番号 03-5450-9581
住所 〒154-0016 世田谷区弦巻2-5-1
アクセス 東急田園都市線「駒沢大学」駅西口 下車/徒歩10分
東急世田谷線「松陰神社前」駅下車/徒歩17分
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.mukaijunkichi-annex.jp/

展示内容・解説

2021年に生誕120年を迎える向井潤吉(1901-1995)。今年度の向井潤吉アトリエ館では、明治から平成の時代を生きた向井の人生の歩みと、80年におよぶ画業を、初期から晩年の作品を通して辿ります。第1期(4月1日~9月26日)と第2期(10月16日~2022年3月13日)で、それぞれ異なる作品によって構成し、より多くの向井作品をお楽しみいただけるようにいたしました。

若き日のパリ留学、戦争の時代を経て、戦後、草屋根民家のシリーズへとつながる向井潤吉の創作の軌跡をご覧ください。
また、本展では、生前に向井が愛用した家具や調度品をします。椅子や電気シェードは世田谷の木工作家・林二郎や鳥取の民藝運動家・吉田璋也などが手がけたもので、現在もアトリエ館の館内に味わい深い彩りを添えています。ご来館の皆様にも、椅子には実際に手に触れ、お座りいただけます。
画家のくらしの息づかいをそのままに伝える展示空間をぜひお楽しみください。
(公式HPより)

アーティスト

  • 向井潤吉

近隣イベント

TOP