ギフト、ギフト、

会期中

Information

 
会期2021年11月3日〜2022年2月20日
会場 八戸市美術館
入場料 一般 1,300円(1,100円)
高校生・大学生 700円(500円)
小・中学生 200円(100円)

※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児、八戸市内および近隣町村(三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村、おいらせ町)の小・中学生は無料
※市内の65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は半額
開館時間 10:00~19:00(入場は18:30まで)
休館日 火曜日(祝日の場合はその翌日)、12月31日、1月1日
電話番号 0178-45-8345
住所 〒031-0031 青森県八戸市大字番町10-4
アクセス ■鉄道で
JR東北新幹線で東京駅から約3時間、新青森駅から約30分、八戸駅下車。八戸駅からJR八戸線で約10分、本八戸駅下車。徒歩約10分。

■バスで
八戸駅東口前バス乗り場1番から中心街方面乗車、約20分。中心街ターミナル(三日町または八日町)下車。徒歩2分。

■飛行機で
三沢空港から空港連絡バスで約55分、八戸八日町下車。徒歩2分。

■車で
八戸自動車道八戸ICから中心市街地方面へ約15分(館内には駐車場がございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。)
地図 Google MAPで見る
公式HP https://hachinohe-art-museum.jp/

展示内容・解説

八戸市美術館は、「種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館〜出会いと学びのアートファーム〜」をテーマに、2021年11月3日 (水・祝)に生まれ変わって開館します。

開館記念では、八戸を代表する祭りである「八戸三社大祭」を出発点に、10組のアーティストと1つのコレクションを迎え、アートを通して“ギフト”の精神を見つめる展覧会とプロジェクトを開催します。

300年の歴史を誇る八戸三社大祭は、祈願成就の感謝を込めて行った神輿行列が始まりです。明治時代に、地域の人々の手で毎年つくり替えられる「風流山車」が加わったことによって、創造活動を介したコミュニティが生まれ、現在でも人々の支えあいが育まれています。過去から未来へ、人から人へと巡る“贈与=ギフト”は、これまでの社会で求められてきた価値とは異なる豊かさを、これからの社会に生み出すヒントとなるでしょう。

本企画では、“ギフト”を道標に、地域のリサーチから着想を得た新作や浮世絵などの多彩な作品展示、作品や地域への学びを深めるプロジェクトが全館で展開されます。そこで出会うローカルかつ普遍的な“ギフト”の精神を、「100年後の八戸を創造する」ための種として見出し、あらゆる人たちと共に育んでいくことで、新たな美術館は第一歩を踏み出します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 浅田 政志
  • 江頭 誠
  • 大澤 未来
  • 大西 幹夫
  • KOSUGE1-16
  • 田附 勝
  • 田村 友一郎
  • 西澤 徹夫
  • 浅子 佳英
  • 森 純平
  • 桝本 佳子
  • 向井山 朋子

近隣イベント

TOP