新派 SHIMPA――アヴァンギャルド演劇の水脈

会期中

Information

 
会期2021年10月11日〜2022年1月23日
会場 早稲田大学演劇博物館
入場料 無料
開館時間 10:00~17:00(火・金曜日は19:00まで)
休館日 10月27日(水)、11月5日(金)~7日(日)、17日(水)、23日(火・祝)、12月8日(水)、12月23日(木)~2022年1月5日、10日(月・祝)
電話番号 03-5286-1829
住所 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
アクセス ・JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅(早稲田口)から 都営バス
(学02系統)「早大正門」行 終点下車 徒歩2分
・東京メトロ東西線 早稲田駅(3aまたは3b出口) 徒歩7分
・都電荒川線 早稲田駅 徒歩5分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.waseda.jp/enpaku/ex/14477/

展示内容・解説

新派とは、歌舞伎(旧派)と対抗しつつも、その影響を色濃く受けて独自の写実芸を確立した、明治生まれの新しいスタイルの演劇である。
男女の色恋――ことに女性の情や業を濃やかに描き、時代や社会の変化のなかで葛藤する人間を描いて庶民の心性に訴えてきた。泉鏡花に象徴されるような、花柳界が舞台の作品をイメージする方も多いかもしれない。
しかし、新派には、それだけにとどまらない豊かな鉱脈がある。
幾多の名優、名作に彩られ、百三十年をこえて命脈を保ちつづけてきた歴史を繙くと、最新の科学技術を用い、風俗や世相を貪欲に取り入れた、新奇かつ衒奇的な舞台があふれていた。後世からみればまるで異なるジャンルかと見紛う演目が一日の興行に並んでいた。女方と女優が共存する稀有な様式も、新派独特の美学を体現するものといえよう。
本展は、当館の収蔵資料を中心に、新派という演劇の相貌を問いなおす試みである。一世紀以上の歴史をもつ新派に内在するアヴァンギャルド的なるものの探索によって、新派が生きてきた時代を想像し、その水脈がどこへ流れていくのかをたどってみたい。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP