市川平展 セルフコラボ展

会期中

Information

 
会期2021年10月9日〜2022年3月21日
会場 下山芸術の森発電所美術館
入場料 一般 600円
高校・大学生 300円
中学生以下 無料
(注意)団体料金はございません
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(1月10日、3月21日は除く)、祝休日の翌平日、年末年始
電話番号 0765-78-0621
住所 〒939-0631 富山県下新川郡入善町下山364-1
アクセス ■列車をご利用
JR北陸新幹線 黒部宇奈月温泉駅より、タクシーで約15分
あいの風とやま鉄道 入善駅より、タクシーで約10分

■マイカーをご利用
北陸自動車道、黒部インターチェンジより15分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.town.nyuzen.toyama.jp/gyosei/bijutsukan/4582.html

展示内容・解説

このたび「入善町 下山芸術の森 発電所美術館」では、東京都出身で在住の特殊照明作家、市川平(いちかわ・たいら)の個展を開催いたします。

1965年東京生まれの市川は、武蔵野美術大学在学中の1988年に制作した「ドームのないプラネタリウム」後、現代的なモチーフを選び彫刻でありながら様々な素材や要素を取り入れた、いわゆるSF的な物語性を感じさせる作品群を作ってきました。同大学院修了となった1991年に第2回キリンコンテンポラリーアワード受賞、1993年には第3回ジャパン・アート・スカラシップ受賞と、彫刻家として順調に活動を続けますが、次第に「彫刻家」の肩書に納まらない活動が増え、2015年「特殊照明作家」と名乗り「彫刻家」のフィールドに縛られない活動を開始、活動範囲を大幅に広げました。自作の移動光源装置を用い、自身が制作した造形作品や、他の作家の作品、周辺の建造物を照らすことによって、見たこともないような動きをする光と影の表情をつくり、造形作品や空間の新たな魅力を引き出します。

今回、移動光源装置に不可欠な電力を生み出していた元水力発電所内で、大規模な光のインスタレーション作品を展開します。彫刻家時代(1988年~2015年)のデビュー作や未完の大作と、特殊照明作家時代(2015年~現在)の最新照明装置とのセルフコラボ、そして発電設備が遺る美術館空間とのコラボレーションにご期待ください。
(公式HPより)

アーティスト

  • 市川 平

近隣イベント

TOP