鈴木其一・夏秋渓流図屏風 *要予約

会期中

Information

 
会期2021年11月3日〜2021年12月19日
会場 根津美術館
入場料 一般1500円
学生1200円
*障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6丁目5-1
アクセス 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線
〈表参道〉駅下車
A5出口(階段)より徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

展示内容・解説

鈴木其一(1796~1858)の筆になる「夏秋渓流図屏風」は、岩場を削る水流のある檜の林を確かな現実感をもって描いた画面に、異様な感覚を抱かせる描写が充満する作品です。
其一は、江戸の地で、一世紀前の京都で活躍した尾形光琳(1658~1716)を顕彰し、「江戸琳派」の祖となった酒井抱一(1761~1828)の高弟ですが、徹底した写実表現やシャープな造形感覚、ときに幻想的なイメージを加え、個性を発揮しました。そんな其一の画業の中心にあるのが、最大の異色作にして代表作でもある「夏秋渓流図屏風」です。2020年に、其一の作品としては初めて、重要文化財に指定されました。
 本展では、抱一の影響や光琳学習はもとより、円山応挙や谷文晁、古い時代の狩野派など琳派以外の画風の摂取、そしてそれらを、自然の実感も踏まえつつ統合する其一の制作態度を検証して、本作品誕生の秘密を探ります。
(公式HPより)

アーティスト

  • 鈴木 其一

近隣イベント

TOP