東本願寺と京都画壇 *要予約

会期中

Information

 
会期2021年11月2日〜2021年12月18日
会場 大谷大学博物館
入場料 無料
※本学学生・教職員以外は事前予約が必要です。
※webあるいはFAXにてご予約を受け付けます。電話では予約できません。
※ご入館いただける時間は、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00です。
※10名以上でのご来館は、ご遠慮ください。
開館時間 本学学生・教職員/10:00~17:00(入館は16:30まで)
一般(事前予約制)/10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
※webあるいはFAXにてご予約を受け付けます。電話では予約できません。
休館日 日・月曜日※11月22日(月)、28日(日)は開館
電話番号 075-411-8483
住所 〒603-8143 京都市北区小山上総町
アクセス 京都市営地下鉄烏丸線「北大路」駅上
JR京都駅から乗車時間約13分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.otani.ac.jp/events/2021/sfpjr700000064jz.html

展示内容・解説

東本願寺の堂舎は、江戸時代を通じて4度もの火災に見舞われました。そのたびごとに再建事業が興され、各堂舎の障壁画も新たに描き継がれてきました。

障壁画の担い手は、早い時期には京狩野派の祖狩野山楽(1559~1635)、二代山雪(1590~1651)、そして三代永納(1631~97)らによる画事が記録に残ります。しかし絵画史の潮流の中で、江戸後期には新興の円山四条派へと主力は移りました。さらに明治再建の阿弥陀堂・御影堂両堂には、近代京都画壇の画人たちによる精華を見ることができます。つまり東本願寺の画事は近世・近代の京都の絵かきたち、すなわち京都画壇によって支えられてきたことがわかるのです。

本展では、その様相を紹介し、京の画人が活躍した舞台であった東本願寺の側面を検証します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP