大阪市立東洋陶磁美術館所蔵 堀尾幹雄コレクション 濱田庄司展

もうすぐ終了

Information

 
会期2021年11月13日〜2021年12月19日
会場 高松市美術館
入場料 【一般】1,000円(800円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は20名以上の団体料金
※本展覧会の前売チケット販売はありません。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者(または障害者手帳アプリ「ミライロID」提示)は入場無料。
開館時間 午前9時30分~午後5時
※展覧会場への入室は閉館時間の30分前まで
※特別展開催期間中の金曜日・土曜日は午後7時まで
休館日 月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 087-823-1711
住所 〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4
アクセス ■車で
○高松中央ICから 県道43号線を北へ約4キロメートル、県道155号を西へ約1キロメートル、国道11号を北へ約1キロメートル 美術館通りへ
○高松西ICから  県道178号を北へ約2キロメートル、国道11号を東へ約4キロメートル、上天神交差点を北に約4キロメートル 美術館通りへ

■飛行機で
高松空港から 高松空港リムジンバス 「兵庫町」下車 約30分 徒歩約4分

■電車で
JR高松駅から徒歩約15分 中央通りを南へ
ことでん片原町駅から徒歩。片原町商店街、丸亀町商店街を約10分

■バスで
○JR高松駅から ショッピング・レインボー循環バス西廻り「紺屋町」下車 徒歩約3分
○JR高松駅から 東方面下り、南方面下りほか(通勤特急など除く) 「紺屋町」下車 徒歩約3分
○JR高松駅から まちバス「丸亀町参番街」下車 徒歩約3分
○高速バス   「県庁通り」下車 徒歩 約8分 中央通りを北へ
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/event/exhibitions/exhibitions_2021/exhibitions_2021/ex_20211113.html

展示内容・解説

濱田庄司(1894-1978)は1924年に栃木県益子に拠点を置き、沖縄や英国などの工芸を吸収しながら、作品を展開していきました。シンプルで重みのある形に大胆かつ軽やかな釉掛けが施された作品には、個人作家としての濱田の個性が見られます。それらの作品は高い評価を受け、1955年に第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

本展では、大阪市立東洋陶磁美術館が所蔵する堀尾幹雄コレクションから濱田作品135点を展示します。堀尾幹雄氏(1911-2005)は濱田と親交を深めながら、日常で使うことを念頭において作品を収集したコレクターです。そのコレクションは濱田の喜寿の記念展覧会に併せて出版された『濱田庄司七十七盌譜』の巻頭を飾った《刷毛目 茶碗》などの代表作を含んでいます。

さらに本展では、バーナード・リーチ(1887-1979)や河井寬次郎、芹澤銈介(1895-1984)、棟方志功(1903-1975)、黒田辰秋(1904-1982)ら、濱田と交友のあった作家の作品も紹介します。

また、関連展示「中村裕太|丸い柿、干した柿」では、美術家の中村裕太(1983-)が濱田作品の制作方法を検証するとともに、讃岐民芸館(香川県高松市)所蔵のやきものを織り交ぜながら新作のインスタレーション作品を展開します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 濱田 庄司
  • バーナード・リーチ
  • 河井 寬次郎
  • 芹澤 銈介
  • 棟方 志功
  • 黒田 辰秋

近隣イベント

TOP