leave-taking

会期中

Information

 
会期2021年12月4日〜2022年2月19日
会場 Akio Nagasawa Gallery Ginza
入場料 無料
開館時間 11:00–19:00 (土 13:00–14:00 CLOSED)
※12月9日(木)は18:00までの営業となります。
休館日 日曜日、月曜日、祝日、12月28日(火)〜1月8日(土)
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-5 銀昭ビル6F
アクセス 東京メトロ日比谷線/都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A2出口より徒歩1分
東京メトロ丸の内線/日比谷線/銀座線「銀座駅」A7出口より徒歩3分
JR「有楽町駅」中央口より徒歩8分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.akionagasawa.com/jp/exhibition/mari-katayama-leave-taking/

展示内容・解説

この度、Akio Nagasawa Gallery Ginza は、片山真理新作個展「leave-taking」を開催致します。
片山真理は1987年群馬県出身。2012年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。自らの身体を模した手縫いのオブジェ、ペインティング、コラージュのほか、それらの作品を用いて細部まで演出を施したセルフポートレイトなど、多彩な作品を制作しています。
近年の主な展示に、2021年「Home Again」(ヨーロッパ写真美術館、パリ、フランス)、「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」(東京都写真美術館、東京、日本)、2019年「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ」(ヴェネチア、イタリア)、「Broken Heart」(White Rainbow、ロンドン、イギリス)など多数。2019年第35回写真の町東川賞新人作家賞、2020年第45回木村伊兵衛写真賞など数々の受賞歴があります。
本展では、全て新作となる「leave-taking」シリーズより作品を展覧致します。また、本展開催にあわせ、作品集『Mother River Homing』をAkio Nagasawa Publishingより刊行致します。
是非ご高覧ください。
(公式HPより)

アーティスト

  • 片山真里

近隣イベント

TOP