ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展

会期中

Information

 
会期2022年1月22日〜2022年4月3日
会場 東京都美術館
入場料 一般 2,100円
大学生・専門学校生 1,300円
65歳以上 1,500円

※本展は日時指定予約制となっております。
※2022年1月7日(金)正午12:00よりオンライン・プレイガイドで発売開始!
※詳しい販売方法は、本展覧会公式サイトで、決定次第お知らせします。
※オンライン・プレイガイドでの予約が難しい方を対象に当日の入場枠を設けておりますが、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。
※高校生以下は無料(日時指定予約必要)。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約不要)。
※未就学児は日時指定予約不要です。
※高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください。
開館時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
休館日 月曜日、3月22日(火) ※ただし3月21日(月・祝)は開室
電話番号 03-3823-6921
住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
アクセス JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.dresden-vermeer.jp/

展示内容・解説

17世紀オランダを代表する画家ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》は、窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。

1979年のX線調査で壁面にキューピッドが描かれた画中画が塗り潰されていることが判明、長年、その絵はフェルメール自身が消したと考えられてきました。しかし、その画中画はフェルメールの死後、何者かにより消されていたという最新の調査結果が、2019年に発表されました。

本展では、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドの画中画が現れ、フェルメールが描いた当初の姿となった《窓辺で手紙を読む女》を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館でのお披露目に次いで公開します。
所蔵館以外での公開は、世界初となります。加えて、同館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなどオランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点も展示します。

350余年前にフェルメールが描いていた《窓辺で手紙を読む女》の“本当の姿”に会いに来てください。
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP