渓斎英泉・歌川廣重の木曽街(海)道六拾九次

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年3月29日〜2022年10月2日
会場 中津川市中山道歴史資料館
入場料 330円 / 団体 270円(団体は10名以上)
小・中学生および幼児は無料
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日等にあたる場合はその翌日)
住所 〒508-0041 岐阜県中津川市本町二丁目2-21
アクセス 中津川駅から徒歩約10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.city.nakatsugawa.lg.jp/museum/n/themed_exhib/14504.html

展示内容・解説

中山道は、慶長7 (1602) 年に徳川家康が東海道の裏街道として宿駅伝馬の制をつくったものです。 六十九の宿駅に本陣・問屋等が設けられ、諸大名の参勤交代や幕府の役人・公家・姫君・ 庶民の旅行な ど、江戸時代を通じて多様な人々や物が往来する幹線として利用されてきました。

本展では、 中山道の各宿場と街道の起点となった江戸日本橋に加えて、当地・中津川の変わり図 「晴れの景」をあわせた計71枚の多色刷浮世絵版画(錦絵) の復刻版を一堂に展示します。 上の図は、 中山道の起点・日本橋と六十九次最後の宿 大津を描いたものです。
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP