Forward to the Past 横尾忠則 寒山拾得への道

会期中

Information

 
会期2022年4月9日〜2022年7月18日
会場 横尾忠則現代美術館
入場料 一般    700(550)円
大学生   550(400)円
70歳以上  350(250)円
高校生以下 無料
※20人以上の団体は(  )内の料金に割引
※障がいのある方は各観覧料金(ただし70歳以上は一般料金)の75%割引、その介護の方(1名)は無料
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
(障がいのある方は、障がい者手帳アプリ「ミライロID」もご利用いただけます)
開館時間 10:00〜18:00[入場は閉館の30分前まで] 
休館日 月曜日[ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館]
住所 〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30
アクセス ・阪急電車 王子公園駅 徒歩約6分 ※急行・特急は止まりません
・JR 灘駅 徒歩約10分 ※新快速・快速・特急は止まりません
・阪神電車 岩屋駅(兵庫県立美術館前) 徒歩約12分 ※急行・特急は止まりません
地図 Google MAPで見る
公式HP https://ytmoca.jp/exhibition_category/current/

展示内容・解説

横尾忠則の最新作をご紹介します。これらは、新型コロナウィルス感染症の流行によって外出も人と会うこともままならなかった横尾が、アトリエに篭り、制作に打ち込むことで生まれました。「これまでの作品とは異なるタイプ」と作家が言うように、画家としての新たなステージを示すものとなるでしょう。中でも大きなテーマとなっている寒山拾得のモチーフは、中国は唐の時代の僧で、山に住み、詩を詠むも奇行を重ねるという特徴から数々の文学や美術に取り上げられてきました。俗世から離れ創作活動に勤しむ彼らの姿に横尾は何を見たのでしょうか
本展では、これらの新作を一堂にご覧いただくとともに過去の作品を参照することで、作家自身が「朦朧体」と呼ぶ最新の様式こそが、実は数十年におよぶ絵画との格闘と模索の末に到達した理想の境地だったのではないかということを考察します
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP