シトロエンを愛した画家、今村幸治郎と2CV

会期中

Information

 
会期2022年4月6日〜2022年6月5日
会場 アウト ガレリア ルーチェ
入場料 無料
開館時間 12:00〜18:00
休館日 月曜日、火曜日
住所 〒465-0053 愛知県名古屋市名東区極楽1丁目5
アクセス 地下鉄東山線本郷駅下車、市バス幹本郷1号系統の、猪高緑地行き、
地下鉄平針行き、もしくは循環バス本郷行きにお乗り下さい。
障害者スポーツセンターにて下車し、バス進行方向へ徒歩5分程で到着致します。本郷駅からタクシーの場合は約ワンメーターになります。
本郷駅から徒歩の場合は20〜30分程かかります。
地図 Google MAPで見る
公式HP http://www.luce-nagoya.jp/Top.html

展示内容・解説

2018年、64歳で逝去なさった今村幸治郎さん (1953~2018) はジャズを愛し、ビートルズに魅了され、ボール・マッカートニーの大ファンであり、そしてシトロエンに
インスパイアされた色鉛筆画家でした。

今村さんが500色もの色鉛筆を用いて描く作品はシトロエン”と、自身の童心をユーモアとホスピタリティーが溢れる“ロボット"に投影したキャラクターが主役の夢の世界。 水彩色鉛筆ならではの繊細で美しい色使いの画風は、心が暖 まり、優しさと愛を感じる今村さんの性格そのものの世界です。

作品の中で数多く登場するシトロエンの中でも2CVはフランスにおいて第二次世界大戦後、最初の国民車として、ファッションにうるさいパリジェンヌ から片田舎の農夫にまで愛されたシトロエンのアイコン的存在でもあり、 今村さん自身が大学卒業後に手に入れた最初のシトロエンでもあります。

装飾を徹底的に排した。 まるでプリキのおもちゃの様な外観は、 1948年にデビューした頃こそ 「醜いアヒルの子」 「缶詰」 の様だと揶揄されたもの の「未舗装の農村地で卵が割れないように」 と目指したしなやかな乗り心地と、 実用性に優れた室内空間を確保したパッケージはユーザーが求めたク ルマそのものでした。 そんな乗り手への優しさから生まれたクルマだからこそ今村さんも心を奪われたのかもしれません。

今村さんとの縁の地でもある。 アウトガレリアルーチェでは4月6日 (水曜日) より故人を偲ぶ個展として 「シトロエンを愛した画家、 今村幸治郎とCV」 を開催致します。 優しさが溢れる。 今村幸治さんとシトロエン2CVの世界観をこの機会を通してお楽しみ下さい。
(公式HPより)

アーティスト

  • 今村幸治郎

近隣イベント

TOP