野口彌太郎―情熱の色彩画家―

会期中

Information

 
会期2022年4月19日〜2022年10月23日
会場 長崎市野口彌太郎記念美術館
入場料 一般:100円/団体80円、小学生・中学生:50円/団体30円
(注意)団体は15人以上の場合となります。
開館時間 9時~17時 (最終入館 16時30分)
休館日 月曜日(祝日は開館)
住所 長崎市平野町7番8号
アクセス 電車:赤迫行に乗車し、原爆資料館電停にて下車。徒歩3分
バス:住吉方面のバスに乗車し、浜口町バス停にて下車。徒歩3分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/828000/p028834.html

展示内容・解説

野口彌太郎は、ヨーロッパで学んだフォービスム的体質と洗練された色彩感覚をもち、日本的フォービスムの典型を示したと言われています。
野口は、昭和4年(1929)、30歳で念願の初渡欧をはたしたのち、戦後、日本での活動、そして昭和35年(1960)以降、晩年に至るまで数度に渡り、ヨーロッパをはじめとした海外へも赴き、創作活動を行っています。ヨーロッパの風景が織りなす美しい景色は、野口を刺激し、魅了しました。そして、野口の色彩表現は、海外へ渡航するごとに、大胆かつ情熱的なものへと変化を遂げています。
 今回、本企画展では、第一次渡欧期、帰国後の日本での活動、第二次渡欧以降と、大きく3つの時期に分けて作品をご紹介いたします。野口の作風の変化を感じていただくとともに、色彩画家・野口彌太郎の表現する「色」をぜひご鑑賞いただけましたら幸いです。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP