ガブリエル・シャネル展― Manifeste de mode 

会期終了

Information

 
会期2022年6月18日〜2022年9月25日
会場 三菱一号館美術館
入場料 一般2,300円
高校・大学生1,200円
小・中学生無料
※障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添の方1名まで無料。
※新型コロナウィルス感染症の感染予防・拡大防止のため、入場を制限させていただく場合がございます。
※諸事情により、開催時間や会期等について変更する場合がございます。
ご来館の際は展覧会サイトをご確認ください。
開館時間 10:00〜18:00
※⼊館は閉館の30分前まで
(祝⽇を除く⾦曜と会期最終週平⽇、第2⽔曜⽇は21:00まで)
休館日 月曜日 (但し、祝日の場合、6月27日*・7月25日*・8月15日・8月29日*は開館。 *トークフリーデー)
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
アクセス JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅(1番出口)徒歩3分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(地下道直結)徒歩6分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://mimt.jp/gc2022/

展示内容・解説

ガブリエル・シャネル(1883~1971)は、「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」といわれます。 シャネルのシンプルかつ洗練された服は着る人に実用性と快適さを与えながら、1920年代の活動的な新しい女性像の流行を先導しました。戦後に流行したシャネルのスーツを着こなすことで、彼女自身がファッション・アイコンとして、そのスタイルを象徴しています。本展は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催されたGabrielle Chanel. Manifeste de mode展を日本向けに再構成する国際巡回展です。ガブリエル・シャネルの仕事に焦点を当てる回顧展を日本で開催するのは32年ぶりのことです。 シャネルのスーツ、リトル・ブラック・ドレスを代表に、どれも特徴的な服はシャネルのファッションに対する哲学を体現しています。さらにコスチューム・ジュエリーやシャネル N°5の香水といった展示に当時の記録映像が加わることで引き立てられ、鑑賞者をシャネルのクリエイションの魅力へと誘います。
(公式HPより)

アーティスト

  • ガブリエル・シャネル

近隣イベント

TOP