立花文穂展 印象 IT'S ONLY A PAPER MOON

会期中

Information

 
会期2022年7月23日〜2022年10月10日
会場 水戸芸術館現代美術ギャラリー
入場料 一般900円、団体(20名以上)700円
高校生以下/70歳以上、障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※学生証、年齢のわかる身分証明書が必要です
※1年間有効フリーパス→「年間パス」2,000円
◎学生とシニアのための特別割引デー「First Friday」
 →学生証をお持ちの方と65~69歳の方は、毎月第一金曜日(8月5日、9月2日、10月7日)100円
開館時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日 月曜日 ※ただし9月19日、10月10日(月・祝)は開館、9月20日(火)は休館
電話番号 029-227-8111
住所 〒310-0063 茨城県水戸市五軒町 1-6-8
アクセス 水戸駅からは、バスをご利用になると便利です。「北口バスターミナル4~7番のりば」から乗車頂きますと、すべてのバスが水戸芸術館の最寄のバス停に停車します。
「泉町1丁目」下車、乗車時間は約10分です。降車後バスの進行方向に進み、すぐの交差点で大通り(国道50号)を渡り、そのまま路地を直進してください。徒歩2分ほどで到着します。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.arttowermito.or.jp/gallery/lineup/article_5185.html

展示内容・解説

文字や紙、本を素材・テーマに作品を制作してきたアーティスト、立花文穂(たちばな・ふみお、1968年広島市生まれ)による、美術館での初個展を開催します。
製本業を営む家に生まれた立花は、幼少期より身近に存在した紙や印刷物、文字などから着想を得て、「よせ集める」「つなぎ合わせる」という行為を通じ新たなかたちをつくりだしました。2000年に入り活版による印刷物や大判カメラで撮影した写真、さらにブロンズによる彫刻など「文字」を基軸にした作品を制作し表現を探ってきました。同時に、葉がきからポスターまで多種多様な印刷物や本などのグラフィックデザインで高い評価を得るなど分野を横断して活動してきました。2007年から責任編集とデザインを自らが担当し発信する媒体として刊行する『球体』もその一つです。
立花の表現の原点には、紙に触れること、文字を書くこと、があります。それらは、実父が営んできた製本所の存在、子どもの頃から親しんだ「書」、そして彼の生まれ故郷である広島の歴史と記憶へとつながっていきます。近年、立花は、筆を持ち「書」のような作品へと回帰しています。
本展は、「印象」(英語では「IMPRINT/IMPRESS」)というタイトルのもと、印刷/印字と象形(かたどる/かたちづくる)という立花の創作の思想・思考に深く触れられる機会となるでしょう。美術館における初の個展として、本展に合わせて制作される新作とともに、彼の四半世紀にわたる創作を総体的に紹介します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 立花文穂

近隣イベント

TOP