絵本原画ニャー!猫が歩く絵本の世界

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年7月30日〜2022年10月10日
会場 一宮市三岸節子記念美術館
入場料 一般 800円
高大生 400円
中学生以下無料

※コレクション展(常設展)観覧料を含む
※20名以上の団体は2割引
※一宮市内の満65歳以上で住所・年齢の確認ができる公的機関発行の証明書等を提示された方、身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持参の方(ミライロID可、付添人1人を含む)は無料
※8月2日(火)、9月2日(金)、9月22日(木)、10月2日(日) 「ニャー!の日」は2割引でご鑑賞いただけます。(他割引との併用は不可)
※9月6日(火) 「黒猫の日」に黒猫コーデ(上下真っ黒や黒猫に扮した服装)で来館された方は観覧無料
※国際芸術祭「あいち2022」相互割引
国際芸術祭「あいち2022」現代美術展チケット(1DAYパス、フリーパスいずれも可)を持参の方は、本展観覧料が2割引となります。また、本展チケットを国際芸術祭の各会場にある直営チケット売場等でご提示の場合に限り、国際芸術祭「あいち2022」現代美術展の会期中販売券が100円引きとなります。
開館時間 午前9時から午後5時まで(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(9月19日(祝)、10月10日(祝)は開館)、8月12日(金)、9月20日(火)
電話番号 0586-63-2892
住所 〒494-0007 愛知県一宮市小信中島字郷南3147-1
アクセス ■名古屋駅より
電車とバスで約40分
JR東海道本線(5・6番のりば)にて「尾張一宮駅」下車、又は名鉄名古屋本線にて「名鉄一宮駅」下車(JR新快速・名鉄特急で10~15分)
一宮駅西口の名鉄バスターミナル(2番のりば)から「起(おこし)」行で約15分、「起工高・三岸美術館前」バス停下車、徒歩1分。バスは約15分間隔で運行。
地図 Google MAPで見る
公式HP https://s-migishi.com/tokubetsu.html

展示内容・解説

絵本にはたくさんの動物が登場します。なかでも猫は人気者です。
絵本の中の猫たちはいろんな形や色をしています。太い線で描かれたり、細い線で描かれたり、さまざまです。リアルだったり、シンプルだったり、一匹たりとも同じ猫はいません。現実の猫に似ていたり、まったく見たことないようなへんな色だったり。みんな絵本の中でしか出会えない猫たちです。
当館が顕彰する洋画家・三岸節子は、生き物をテーマとした作品をあまり好んでは描きませんでしたが、唯一ペットとして猫を飼っていました。自由気ままに過ごす猫を“ベル”と名付け、真っ赤なリボンまでつけておめかしさせるほどの溺愛ぶりだったそう。そんな動物嫌い(?)だった三岸節子をも魅了した猫。本展では、気鋭の若手から誰もが知っているベテランまで、15組の絵本作家による絵本の猫たちを紹介します。約250点におよぶ原画やスケッチ、制作資料からは、画家の息遣いまで感じることができます。さまざまな線や色、形で表現されたユニークな猫たちを通して、「絵」のおもしろさ、豊かさをお楽しみください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP