くらしの道具の技術革新-実用新案と特許-

会期中

Information

 
会期2022年7月9日〜2022年11月6日
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館
入場料 無料
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし月曜日が休日の場合、その翌日)
電話番号 087-831-1111
住所 〒761-8001 香川県高松市亀水町1412-2
アクセス JR高松駅から/車で約25分(約16km)
JR坂出駅から/車で約30分(約20km)
徳島方面から/高松自動車道・高松檀紙ICより車で約30分(約18km)
岡山方面から/瀬戸中央自動車道・坂出北ICより車で約30分(約20km)
愛媛・高知方面から/高松自動車道・坂出ICより車で約35分(約24km)
地図 Google MAPで見る
公式HP https://dogoonsenart.com/artworks/netsukei/#1

展示内容・解説

今日の生活において欠かせない様々なくらしの道具や機械製品の多くは、同じものを作るために発明者に許諾を得る必要があり、発明が保護されています。
当館の収蔵資料には、「特許」「実用新案出願」「新案特許」などと記されたラベルや焼印のある道具があり、表示は「特許法」、「実用新案法」などに基づいたものです。それらの制度は考案や発明を保護することで産業の発達を促すことを目的に、明治時代に制定されました。
本展では、日本における技術開発の礎の一つとされる実用新案や特許が付された道具を中心に展示し、くらしの道具の中にみられる技術革新や、地方の町工場や職人の取組みの一端を紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP