人とモノが行き交う中世・堺-流通の考古学-

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年7月12日〜2022年10月10日
会場 堺市博物館
入場料 一般 200円(160円)/高校・大学生 100円(70円)/小・中学生 50円(30円)
 ※( )内は、20人以上の団体料金(要事前予約)
 ※堺市在住・在学の小中学生は無料
 ※堺市在住の65歳以上の方、障害のある方は無料(要証明書)
開館時間 午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時30分まで)
休館日 ※月曜休館(ただし、祝日は開館)
住所 〒590-0802堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
公式HP https://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/exhibition/kikaku_tokubetsu/chuseisakai.html

展示内容・解説

堺環濠都市遺跡は中世日本を代表する国際貿易都市といわれます。遣明船に代表される国際交易の発着港であったことが都市発達の理由ですが、堺が国際貿易港となったそもそもの背景については、意外に知られていません。
 本企画展では、中世の流通の実態と堺が都市として発達していく状況について、14~16世紀半ばの考古資料を中心に検討します。堺の発展段階を推定できる資料や、地域間交流の中での堺の位置づけができる資料などを展示し、従来クローズアップされてきた国際貿易や茶の湯文化などと異なった側面から中世都市・堺の発展過程を紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP