どうぶつ美術館

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年7月16日〜2022年10月10日
会場 嵯峨嵐山文華館
入場料 一般・大学生:900(800)円、高校生:500(400)円、小中学生:300(250)円
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者と介添人1名まで各500(400)円
*幼児無料
*常設展もご覧頂けます。
開館時間 10:00 - 17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)8月19日(金)~21日(日)
住所 〒 616 8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
公式HP https://www.samac.jp/exhibition/detail.php?id=24

展示内容・解説

日本画にしばしば登場する「動物」。動くいきものの姿をいかに表現するかは、古来多くの画家が取り組んできたテーマでした。
本展覧会では、日本人にとって動物がどのような存在であったのかという背景にも触れながら、さまざまな動物画をご紹介いたします。
 
円山応挙の愛くるしい《竹に狗子図》(前期)に始まり、虎の名手、大橋翠石による《獣王図》(通期)、木島櫻谷《秋野孤鹿》(通期)の優しい眼差しの鹿、金屏風いっぱいに描かれた竹内栖鳳の《春郊放牛図》(通期)や、菱田春草による《梅下白猫》(通期)など、巨匠たちの優れた動物画の数々をご覧いただき、動物に魅せられた画家の思いを汲み取っていただければ幸甚です。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP