武家政権の軌跡 権力者と寺

会期中

Information

 
会期2022年8月8日〜2022年12月11日
会場 相国寺承天閣美術館
入場料 一般 800円
65歳以上・大学生 600円
中高生 300円
小学生 200円
※一般の方に限り、20名様以上は団体割引で各700円
開館時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
休館日 2022年10月7日(金)~10月15日(土)
住所 〒602-0898 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
公式HP https://www.shokoku-ji.jp/museum/exhibition/buke/

展示内容・解説

相国寺は室町幕府三代将軍の足利義満により創建されました。以後、相国寺は歴代の足利将軍と深いつながりがあり、その遺品が伝来しています。
また、中世から近世に移り変わる激動の時代、相国寺は幾度も焼失と復興の歴史を繰り返しました。その復興は時代ごとの権力者の力なしでは成しえないものでした。また寺領や住持職なども皆、武家政権の発給した文書によって約束されたため、寺宝には多くの幕府発給文書が伝来します。
さらに、江戸幕府の巡見の際に相国寺は寺院を荘厳する絵画や、足利将軍ゆかりの寺宝を提示します。その目録に載る中国絵画群、さらには、徳川家など武家が所持した高僧の墨蹟などを紹介します。
相国寺とその塔頭に伝来する、肖像画、墨蹟、中国絵画、古文書から、武家政権との交流の軌跡をたどります。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP