ねむの木のこどもたちとまり子美術展 ~まり子先生 ”ありがとう”~ 

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年8月1日〜2022年9月30日
会場 ハーモ美術館
入場料 一般・大学生800円、小・中・高校生400円
(ハーモ美術館共通券 一般・大学生1,500円、小・中・高校生700円)
開館時間 4月~9月  9:00~18:00
10月~3月  9:00~17:00
休館日 8月27日(土)終日、9月4日(日)午後、14日(水)午前、         18日(日)終日、25日(日)終日、26日(月)午前 
住所 〒393-0045 長野県諏訪郡下諏訪町10616-540
公式HP http://www.harmo-museum.jp/

展示内容・解説

ねむの木学園は、女優宮城まり子が創設した障害をもつこともたちのためのそして学校です。 1968年、静岡県浜岡町(現在の御前崎市)の砂丘に程近い丘の上で8人のこどもたちを迎え、スタートしました。その後ねむの木村の建設という構想のため掛川市へ移転し、今では緑豊かな自然 まれた地域で、70人のこどもたちと90人の教員がともに生活し、ともに学び、ともに働いています。「ダメ な子なんか一人もいない。こどもはみんな天才である。」という宮城まり子の教育理念の下、こどもたち 人一人の感性を育てる教育を実践してまいりました。
宮城まり子は信州が好きでした。特にきれいな水をたたえる湖と、澄んだ空気と、美しい山々と、青空と、そして心温かな人々が暮らすには、憧れに近い気持ちをもっていました。 ですから湖のほとりに立つハーモ美術館でこどもたちの絵の展覧会を開催できることは、彼女にとって大きな喜びでした。 そして宮城まり子が旅立って2年半が過ぎました。このこどもたち、悲しみと不安の中で毎 日を過ごしてまいりました。コロナで不自由な生活を強いられたこともつらいことでした。それでも少しず 前を向き、様々な活動に積極的に取り組んで行こうと思い始めた頃、 この美術展のお誘いをいただきま した。大変ありがたいお話でした。ハーモ美術館で開催させていただくのは3度目です。 まり子学園長のよ うにはできませんが、教わったことを思い出し、こどもたちと教職員が協力して会場づくりをします。できるだけ多くの方々にご覧いただきたいと思います。々な作品から、こどもたちの無限の可能性と、やさしさと、そして力強さを感じてください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP