山水画と風景画のあいだ─真景図の近代

会期中

Information

 
会期2022年8月20日〜2022年10月16日
会場 下関市立美術館
入場料 一般1,200円(960円)/大学生900円(720円)
※()内は、20名以上の団体料金。
18歳以下の方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は、観覧料が免除されます。下関市内に居住する65歳以上の方は半額が免除されます。(いずれも公的証明書の提示が必要です)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日の9月19日と10月10日は開館)
住所 〒752-0986 下関市長府黒門東町1-1
公式HP https://www.city.shimonoseki.lg.jp/site/art/71899.html

展示内容・解説

誰しもきれいな風景画を見ると心がなごみます。しかし、日本では私たちが思い浮かべるような風景画が描かれるようになるのは近代になってからであり、長らく中国からもたらされた山水画こそが美術の主流でした。本展では、所蔵品約20点を含めた約100点の作品をご紹介し、江戸時代後期から昭和初期にかけての日本の風景表現のうつり変わりを通して、日本人の風景を見る眼がいかに確立してきたかをたどります。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP