明恵礼讃 ‟日本最古之茶園” 高山寺と近代数寄者たち

会期中

Information

 
会期2022年8月31日〜2022年10月23日
会場 福岡市美術館
入場料 一般 200円 (150円)
高大生 150円 (100円)
中学生以下 無料
( ) 内は20名以上の団体料金。
観覧券購入の際、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済がご利用いただけます。
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
(8月~10月の金・土曜日は午前9時30分~午後8時)
 ※最終入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 ※9月19日(月・祝)10月10日(月・祝)は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館
住所 〒810-0051 福岡市中央区大濠公園 1-6
公式HP https://www.fukuoka-art-museum.jp/

展示内容・解説

昭和6年(1931)11月、明恵上人の七百年遠忌法要が京都栂尾・高山寺で営まれました。それに際し、実業家を中心とする茶人たちによって、茶室「遺香庵」が数々の茶道具とともに寄進されました。それらは益田鈍翁、原三溪、仰木魯堂といった錚々たる近代数寄者たちの自作の陶器等で構成されています。本展ではそれらの茶道具を公開し、近代数寄者たちが仰ぎ見つめた高山寺、明恵のイメージを浮き彫りにします。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP