脚本家 黒澤明

会期中

Information

 
会期2022年8月2日〜2022年11月27日
会場 国立映画アーカイブ
入場料 一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
65歳以上・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

※料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
※( )内は20名以上の団体料金です。
※学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
※2022年11月3日(木)「文化の日」は、無料でご覧いただけます。
開館時間 11:00~18:30(入室は18:00まで)
※毎月末金曜日は11:00~20:00(入室は19:30まで)
休館日 月曜日、9月6日(火)~9日(金)、9月27日(火)~10月2日(日)
電話番号 050-5541-8600
住所 〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6
アクセス ○東京メトロ銀座線京橋駅出口1から昭和通り方向へ徒歩1分
○都営地下鉄浅草線宝町駅出口A4から中央通り方向へ徒歩1分
○東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅出口7より徒歩5分
○JR東京駅下車、八重洲南口より徒歩10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.nfaj.go.jp/exhibition/akirakurosawascreenwriter2022/

展示内容・解説

黒澤の名作群を新たに脚本の視点から分析、在野の黒澤研究家グループの全面的な協力を得て、最新研究の成果を一挙に公開します。黒澤のストーリー創作に潜む、知られざるアイデアの源が解き明かされます。

国立映画アーカイブの所蔵品のほか、黒澤資料の収集家、各地の資料館や黒澤作品の元スタッフ関係者などから貸与された貴重な資料が一堂に会します。中でも、これまで国内での現存が未確認だった『トラ・トラ・トラ!』の黒澤版準備稿(1967年)や、初公開となるテレビドラマ『ガラスの靴』の脚本決定稿(1971年)は必見です。
(公式HPより)

アーティスト

  • 黒澤 明

近隣イベント

TOP