学年誌100年と玉井力三 ―描かれた昭和の子ども―

会期中

Information

 
会期2022年9月16日〜2022年11月15日
会場 千代田区立日比谷図書文化館
入場料 一般 300円
大学・高校生 200円
千代田区民・中学生以下、障害者手帳などをお持ちの方および付き添いの方1名は無料
※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳などをお持ちください。
開館時間 月曜日~木曜日 午前10時~午後7時
金曜日 午前10時~午後8時
土曜日 午前10時~午後7時
日曜日・祝日 午前10時~午後5時
※入室は閉室の30分前まで
休館日 9月19日(月曜日・祝日)、10月17日(月曜日)
電話番号 03-3502-3340
住所 〒100-0012東京都千代田区日比谷公園1-4
アクセス ○東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ケ関駅」B2出口より徒歩約3分
○都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
○東京メトロ 千代田線「霞ケ関駅」C4出口より徒歩約3分
○JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20220916-hibiyaexhibition_gakunenshi/

展示内容・解説

日本独自の出版文化である児童雑誌「学年誌」。1922(大正11)年に初めて学年別学習雑誌として『小學五年生』と『小學六年生』が創刊されました。その発行部数が最も多かった1950年代から70年代にかけて表紙画を手がけたのが洋画家・玉井力三です。玉井は流行や世相を反映した姿の男の子と女の子が笑顔で表紙を飾るスタイルの完成形を築きました。描かれた子どもたちの生き生きとした表情や時代の象徴に彩られた表紙全体からは、あの頃の日本の元気さを感じ取ることができます。
本展では、玉井力三の表紙画を中心に、学年誌の100年を追いかけます。出版文化を担ってきたここ千代田区で、児童雑誌というメディアを通じて、子どもたちを取り巻いてきた文化の追体験をお楽しみください。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP