「日本のあかりのうつりかわり」-古灯器からガス灯へー 展

会期終了

Information

 
会期2022年7月16日〜2022年9月19日
会場 ガスミュージアム 
入場料 無料
開館時間 10:00〜17:00
休館日 月曜日  但し7/18・9/19(月・祝)は開館、7/19(火)は休館
住所 〒187-0001 東京都小平市大沼町4-31-25
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.gasmuseum.jp/gallery/

展示内容・解説

かつてヒトが手に入れた「炎」は、大昔より調理や暖房のほか、闇を照らす照明の光源として利用され、私たちの暮らしと文化を支える役割を担ってきました。
炎のあかりは、薪や油、ろうそくなどを燃やす、さまざまな照明器具として、日本の伝統文化のなかで育まれ、江戸から明治にかけて様々な工芸の技を活用した風情ある灯器が生まれていきます。
そして今から150年前、明治5年(1872)に文明開化の象徴としてガス灯のあかりが登場します。ガス灯は、日本の伝統文化と西欧の近代文明が融合した、暮らしのなかの炎のあかりの到達点でした。
この展示会では、「ガス灯」の前史として、日本の人々が明るく使いやすいあかりを求めて編み出した、和の古灯器をご紹介しています。
(公式HPより)

アーティスト

近隣イベント

TOP