壁画《芽の出る音》50年記念 谷内六郎展

会期中

Information

 
会期2022年9月17日〜2022年11月6日
会場 苫小牧市美術博物館
入場料 一般:600(500)円、高大生:400(300)円、中学生以下:無料
※ ( )内の料金は10名以上の団体及び前売券の料金。
※ 観覧料の免除規定についてはお問い合わせください。
※ 特別展観覧料で併せて常設展・中庭展示もご覧いただけます。
※ 年間観覧券を提示していただくと、一般300円、高大生200円でご覧いただけます。
開館時間 9:30~17:00(最終入館16:30まで)
休館日 月曜日(ただし、月曜祝日の場合、翌平日)
住所 〒053-0011 北海道苫小牧市末広町3-9-7
公式HP https://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/hakubutsukan/tenrankai/taniuchi.html

展示内容・解説

苫小牧には、子どもたちの明るい未来を願って制作された、画家・谷内六郎(1921‐1981)の壁画《芽の出る音》があります。縦5m、横14mのモザイクタイルの大きな壁画は、泰然とした樽前山を背景に、木々が奏でる風や、打ち寄せる波が、春の訪れの音色となって聞こえてくるような作品です。作品は私たちの生活の一部として愛され続け、散歩途中の園児たちが、壁画を眺める光景は、まちの風物詩のひとつです。
令和4(2022)年、壁画《芽の出る音》が苫小牧市科学センターに寄贈されてから50年を迎えます。本展では、谷内六郎の存在が広く知られるきっかけになった『週刊新潮』の表紙原画など約60点の作品により、私たちの心を今なおひきつけてやまない作品世界を紹介します。
(公式HPより)

アーティスト

  • 谷内六郎

近隣イベント

TOP