生誕150年・山元春挙展

会期中

Information

 
会期2022年9月16日〜2022年11月6日
会場 富山県水墨美術館
入場料 一般:900円(700円)/大学生:450円(350円)

()内は20人以上の団体料金です。
この料金で常設展も観覧できます。
小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、各種障がい者手帳をお持ちの方は観覧無料です。
大学生料金の対象は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4学年以上)、専修学校(専門課程)、専修学校(一般課程の19歳以上)、通信制大学、放送大学となります。チケット購入時に学生証をご提示ください。
開館時間 午前9時30分から午後6時まで(入室は午後5時30分まで)
休館日 月曜日(ただし、9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
住所 〒930-0887 富山市五福777
公式HP https://www.pref.toyama.jp/1738/exh2203_shunkyo.html

展示内容・解説

京都画壇を代表する画家・山元春挙(1872-1933年、滋賀県出身)は、円山四条派を学び、その影響を受けながら雄大な風景に代表される独自の画風を確立し、円山派の写生をふまえた華麗で壮大な風景画を数多く生み出しました。文展や帝展、国内外の博覧会などで活躍し、その多くが宮内庁御用画となり、明治天皇もファンであったといいます。明治から昭和にかけて、竹内栖鳳とともに京都画壇の二大勢力となり、近代化に貢献しました。本展では、生誕150年を記念し、伝統的な写生画の流れをくみながらも洋画の写実主義に心を寄せ、日本画の近代化と真正面から向き合った一人の画家の表現世界とその画業を見つめなおします。
(公式HPより)

アーティスト

  • 山元春挙

近隣イベント

TOP