文化財指定記念 日本スキーの黎明

会期中

Information

 
会期2022年9月17日〜2022年12月4日
会場 上越市立歴史博物館
入場料 一般 510円 団体410円
小学生・中学生・高校生 260円 団体210円
団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
幼児および市内の学校に通う小学生・中学生は無料。
本料金で常設展示「越後の都」もご覧いただけます。
開館時間 11月まで:午前9時から午後5時
12月から:午前10時から午後4時
(注)入館券の販売は閉館時間の30分前まで
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(ただし、9月24日(土曜日)は開館)
住所 〒943-0835 新潟県上越市本城町7-7(高田城址公園内)
公式HP https://www.city.joetsu.niigata.jp/site/museum/2022-3-kikakuten.html

展示内容・解説

明治44年(1911年)1月12日、日本で初めての本格的なスキー指導が陸軍第13師団歩兵第58連隊(現在の上越市立城西中学校)で行われました。スキー指導を行ったのはオーストリア・ハンガリー帝国のテオドール・エドラー・フォン・レルヒ少佐でした。

 現在、1月12日は日本スキーのはじまりの日として「スキーの日」と呼ばれ、上越市は日本スキー発祥の地として広く知られています。レルヒが伝えたスキーは、瞬く間に「高田」から全国各地へ広がっていきます。スキー指導、スキー講習会、スキー大会、スキー倶楽部、スキー用具の製作、スキー菓子やスキー民謡など、そのすべてのはじまりは上越でした。

 日本スキー発祥110年の節目を迎えた令和3年、上越市が所蔵する「日本スキー関係資料」(有形文化財[歴史資料]、297点)と「一本杖スキー術」(民俗文化財[無形])が上越市文化財に指定されました。

 本展では、上越市文化財「日本スキー関係資料」を中心に、日本スキーのはじまりからスキーの産業化・スキーの全国的な普及という、黎明期の日本スキー界をけん引した上越の役割を紹介します。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP