諏方と武田氏

まもなく開始

Information

 
会期2022年10月8日〜2022年11月20日
会場 長野県立歴史館
入場料 企画展のみ:一般300円(200円) 大学生150円(100円)
企画展+常設展:一般500円(400円)、大学生250円(200円)
常設展+講演会:一般300円(200円)、大学生150円(100円)
※高校生以下は無料・( )内は20名以上の団体料金
開館時間 3月~11月:9時~17時(ただし、入館は16時30分まで)
12月~2月:9時~16時(ただし、入館は15時30分まで)
休館日 月曜日(ただし10月10日は開館)・10月11日(火曜日)・11月4日(金曜日)
住所 〒387-0007 長野県千曲市大字屋代260-6(科野の里歴史公園内)
アクセス 電車でお越しの方
しなの鉄道屋代駅または屋代高校前駅から徒歩25分

バス・マイカーでお越しの方
長野自動車道更埴インターチェンジから車5分
高速道路バス停「上信越道 屋代」より徒歩3分
公式HP https://www.npmh.net/exhibition/2022/02/post-35.php

展示内容・解説

中世諏訪氏が統治し、諏訪大社によって信濃国一帯に影響力を持っていた諏訪、後に仏教徒として出家する武田信玄と諏訪信仰、自らを諏訪氏の後継者と意識していた武田勝頼の諏訪支配と諏訪信仰について展示をおこないます。諏訪地域は武田氏の権力も利用し、信仰とともに発展しました。また、武田氏も信仰心に篤いだけでなく神や仏の存在を巧に利用しながら統治を進めていきました。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP