鉄道と美術の150年

まもなく開始

Information

 
会期2022年10月8日〜2023年1月9日
会場 東京ステーションギャラリー
入場料 一般 1,400円 高校・大学生 1,200円 中学生以下無料
*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
開館時間 10:00 - 18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日[10/10、1/2、1/9は開館]、10/11、12/29 - 1/1
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
公式HP https://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202210_150th.html

展示内容・解説

今年150周年を迎える日本の鉄道は、明治5(1872)年に新橋―横浜間で開業しました。奇しくも「美術」という語が初めて登場したのも明治5年のことです。(*)鉄道と美術は、日本の近代化の流れに寄り添い、また時にはそのうねりに翻弄されながら、150年の時を歩み続けてきました。
この展覧会では、鉄道と美術150年の様相を、鉄道史や美術史はもちろんのこと、政治、社会、戦争、風俗など、さまざまな視点から読み解き、両者の関係を明らかにしていきます。
日本全国約40カ所から集めた、「鉄道美術」の名作、話題作、問題作約150件が一堂にそろう、東京ステーションギャラリー渾身の展覧会です。
(*)それまでは「書画」などと呼ばれていました。北澤憲昭『眼の神殿』(美術出版社、1989年)
(公式HPより)

近隣イベント

TOP