宮本三郎と「日本」

会期中

Information

 
会期2022年10月1日〜2023年3月12日
会場 宮本三郎記念美術館
入場料 (個人)
一般 200円/65歳以上 100円/大高生 150円/中小生 100円
(団体)
一般 160円/65歳以上 80円/大高生 120円/中小生 80円
団体は20名以上
世田谷区内在住、在校の小・中学生は土、日、祝・休日は無料
障害者の方:個人は100円(団体は80円)。ただし小中高大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
学生証・障害者手帳など、確認できるものをご提示ください
開館時間 10:00~18:00(ご入館は17:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝・休日の場合は開館、翌平日休館)、12月29日(木)~1月3日(火) ※10月10日(月・祝)・1月9日(月・祝)は開館、10月11日(火)・1月10日(火)は休館
住所 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13
公式HP https://www.setagayaartmuseum.or.jp/annex/miyamoto/detail.php?id=my_exh00037

展示内容・解説

洋画家として西洋美術を参照しつつも、日本の美術家としてのアイデンティティを強く意識し、そのあるべき姿を模索した宮本三郎(1905–1974)。多くの洋画家が行き当たったこの問題に、宮本はどのように向き合ったのでしょう。画題や技法の選択からその芸術観まで、さまざまな視点から、その作品世界のなかに浮かび上がる「日本」を探ります。
(公式HPより)

アーティスト

  • 宮本三郎

近隣イベント

TOP