「受け継がれてきたもの」武者⼩路家ゆかりの名品

会期よりずっと前

Information

 
会期2022年10月15日〜2022年11月27日
会場 調布市武者小路実篤記念館
入場料 大人  ・・・・・・ 200円
小・中学生・・・・ 100円
※調布市在学、在住の小・中学生は、毎週土曜日に無料パスが利用できます
※調布市内在住の65歳以上の方は無料
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・愛の手帳をお持ちの方と付添人は無料
※「ぐるっとパス」が利用できます
開館時間 午前9時から午後5時(閲覧は午前10時から午後4時)
休館日 月曜日(祝日のときはその翌日)(翌日が祝日のときはその翌日)
住所 〒182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30
アクセス <京王線>
仙川駅またはつつじヶ丘駅下車徒歩10分
<小田急線>
成城学園前駅より「調布駅」、または「つつじヶ丘駅南口」行バス、稲荷前下車徒歩5分
<お車の場合>
周辺道路が狭いため、中・大型バスをご利用の場合は事前にお問い合わせください
実篤記念館駐車場 乗用車5台(公園入口側には駐車場はありません)
※大型バスの駐車場はありません。事前にお問い合わせください
公式HP https://www.mushakoji.org/schedule/tenji.html

展示内容・解説

実篤へと繋がる武者小路家の歴史はおよそ390年前の江戸時代初期から始まり、父・実世が第10代、兄・公共が第11代の当主にあたります。実篤が生まれ育ち、関東大震災で焼失した東京・麹町の実家には、書画や古銭など様々な伝来の品があったと実篤は回想します。今回、第2代・実陰の書画、三条実美の書など、実篤を起点に、過去から受け継がれてきたものを紹介します。
また、実篤が蒐集した古今東西の美術品、実篤自身が制作した書画や文学資料、日本近代美術・文学を代表する作家との交流を示す作品・資料にも目を向けます。実篤没後、ご遺族や関係者の多大な努力によって現在まで受け継がれてきた名品の数々を一挙にご覧に入れます。
(公式HPより)

近隣イベント

TOP