小沢剛:BETA BETA コロナの頃

もうすぐ終了

Information

 
会期2022年9月2日〜2022年10月5日
会場 MISA SHIN GALLERY
入場料 無料
開館時間 12:00~19:00(火~土)
休館日 日月祝
電話番号 03-6450-2334
住所 〒106-0047 東京都港区南麻布 3-9-11 パインコーストハイツ 1F
アクセス ○東京メトロ日比谷線 広尾駅より南部坂を経由し徒歩約12分
○東京メトロ南北線・三田線 白金高輪駅より薬園坂を経由し徒歩約15分
地図 Google MAPで見る
公式HP https://www.misashin.com/exhibitions/%e5%b0%8f%e6%b2%a2%e5%89%9b%ef%bc%9abeta-beta-%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%81%ae%e9%a0%83/

展示内容・解説

MISA SHIN GALLERYは、9月2日(金)から10月15日(土)まで、小沢剛による個展「BETA BETA コロナの頃」を開催いたします。

2020年4月、全国を対象に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛、学校の一斉休校、水際対策のための入国制限と、街からは人の姿が消えました。それまではプロジェクトや展覧会などのため頻繁に渡航をし、フィールドワークなどを通じさまざまな人と出会い、共同でプロジェクトを進めることの多かった小沢の生活も一変しました。

「コロナが蔓延して家に閉じこもる時間が増えた。
時間の過ごし方が変わらなかった人はいないだろう。
人は皆、どんな変化があったのだろう。
僕はといえば、ほぼ物置と化していた小さなスタジオを整え、一人で制作して過ごすのが習慣になっていった。
以前のようにやたら遠くに出かけ、さまざまな人と共に制作をするスタイルとは真反対に、進んで孤独の時間を長く過ごしていた。
その時間の堆積はドローイングやペインティングになった。
ベタベタした油絵の具で立ち向かう孤独の時間は、世界や宇宙と向かい合う手段だと、今更気がついた。」

小沢剛

本展ではコロナ禍をきっかけに制作を始めたペインティング、ドローイングを展示いたします。家の中で目についた日用品のスケッチ、自身が以前描き始めて放置していた作品を描きあげたもの、子どもの絵の模写をもとに制作した油彩画、断片的なアイディアやその時思いついた思考を形にした作品、展覧会の構想など、スタジオで1人自分と向き合い制作した作品が並びます。

この期間に自分自身を保ち、時間をやり過ごすために始まったスタジオでの制作は、習慣となり現在も続いていると言います。これまでのさまざまな小沢のシリーズ作品と異なり、明確な目的がなくこれまでと違った日常の中で制作された作品は、逆に小沢自身の姿や内面を色濃く映し出していると言えるでしょう。

MISA SHIN GALLERYでは3年ぶりとなる小沢剛の個展、ぜひご高覧ください。
(公式HPより)

アーティスト

  • 小沢 剛

近隣イベント

TOP